消費税率の引上げと軽減税率

平成31年10月1日より、いよいよ消費税率が10%に引き上げられる見通しです。 これまでも2度(3%⇒5% 5%⇒8%)消費税率の引き上げを経験してきましたが、今回は、いままでにない点があります。それが、消費税率の引き上げと同じタイミングで実施される軽減税率制… もっと読む »

仮想通貨に関する税金は?(1)

平成29年12月、国税庁からビットコインなどの仮想通貨に関する税金の取り扱いについての情報が出されました。   平成29年は、仮想通過元年と呼ばれることも多く、投資された方の多くが資産を増やされたとのこと。そこで、仮想通貨の税金について、国税庁から出… もっと読む »

居住用財産の3,000万円控除

個人が不動産を売却して利益(譲渡所得)が出れば、譲渡所得税が課税されますが、その不動産が居住用財産であれば、その譲渡所得から最高3,000万円までを控除することができます。 これを「居住用財産の特別控除」といいます。譲渡所得が3,000万円以下である場合には、… もっと読む »

土地を売ったときの税率は?短期と長期

不動産を売却して所得(利益)が発生すると、税金がかかります。 譲渡所得は、 譲渡所得 = 収入金額 - ( 取得費 + 譲渡費用 )  で計算されますが、税金はこの譲渡所得に税率を掛けて計算します。 譲渡所得税 = 譲渡所得 × 税率 税率は、その不動産を所有… もっと読む »

不動産所得申告上の注意点(収入金額関係)

不動産所得は、次の式により計算されます。 不動産所得  =  総収入金額  -  必要経費 つまり、総収入金額と必要経費を適正に計上すれば、適正な不動産所得が計算されることになります(当たり前ですが) この総収入金額と必要経費計算上の注意点を、税務調査という切… もっと読む »

相続時精算課税制度とは?

「2,500万円までは贈与税がかからない」と聞いたことはありませんか? 今回は、何かと誤解も多い、相続時精算課税についてふれてみたいと思います。 2,500万円までは贈与税がかからない? 冒頭の話。これはおそらく「相続時精算課税制度」のことでしょう。まずは、制… もっと読む »

譲渡所得 収入金額の注意点①固定資産税の精算

土地や建物を売却して利益がでたら、その利益(譲渡所得)に対して譲渡所得税が課税されます。 譲渡所得 = 収入金額 - ( 取得費 + 譲渡費用 ) で計算されます。今回は、収入金額について詳しく見ていきましょう。 収入金額は、土地や建物を売却したことによって買… もっと読む »